• 2021年09月28日

  • 住まいをシロアリから守るために

  •  

    住まいをシロアリ被害から守るためには?

    住まいがシロアリ被害にあわないためには、「予防」が大切になります。
    もし、シロアリの被害にあってしまった場合は「早期発見」が重要です。

    シロアリは暗く湿気のあるところを好むので、住まいの床下や建物の土台部分の被害はなかなか発見しにくいです。
    シロアリ被害を受ける前に、適切な予防対策をしておくことが大切になります。

     

    建物でシロアリの被害にあいやすい場所はどこですか?

    ヤマトシロアリは、日当たりの悪い、湿気の多い、割と暖かいところに多く見られます。 かつてはその被害は洗面所、台所、風呂場などの水廻りに集中して発生してていましたが、最近は、玄関部分からの被害も多くなっています。

    また、換気の悪い床下の土台や床束などの被害率も高くなっています。

     

    イエシロアリは、一般的には土中に固定した巣を作ります。水を運んで湿しながら加害するので、被害はやがて建物全体に及び、数軒の建物を加害している場合もあります。

     

top